灯りストリート

愛知芸術祭は10月10日

で終わってしまいましたが、

期間中の9月3日~10月2日

までの間、並行して

「絞」・「瓦」

灯りストリート in  有松

というイベントを有松地区で

行っていました。

 

有松地区は1784年の大火災で

町のほとんどが燃えてしまった

そうで、それを機に多くの建造物

の屋根が瓦に変わったそうです。

 

瓦屋根は防火目的だったんですね

 

愛知県三河地方は日本3大瓦である

三州瓦の産地で、同じ伝統を守る

もの同士がコラボして

新しい灯りのオブジェを作り

秋の夜を彩るというイベントでした

 

日中より、往時が偲ばれます。

LEDだと思いますが、灯りの強弱

があり、本物の火のようでした

 

いろんな作品があり

日中見た時は、瓦のオブジェ

だと思ってました。

まさか灯りが灯るとは

お祭りもあったから

提灯も出ているという、、、

 

夜の有松も素敵です!

 

 

Posts created 36

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top