リサ・ラーソン

アアルトの落書きの猫をみて

 

リサ・ラーソンの猫を

思い出しました。

 

7~8年前に名古屋の百貨店で

たまたま北欧展をやっていて、

そこにリサ・ラーソンの

コーナーがあって

この猫グッズがいっぱいあって

思わず買ってしまいました。

 

マイキーっていう名前なのを

最近知りました。

 

一度見たら忘れない。

 

そしてなぜか癖になるデザイン

 

リサ・ラーソンさんは、

可愛い陶芸作品をたくさん

造っています。

 

 

この本では、

可愛い、陶芸作品がいっぱい

紹介されていますが、

 

その中に思わず、

マイキーくん?って

なった子がいました。

 

 

1966年の作品で

「大きなネコ」

という作品だそうです。

 

 

アアルトが、椅子のスケッチ

をいっぱい書いていたように

リサ・ラーソンも動物の

スケッチをいっぱい書いて

いました。

 

マイキー君、練りあげられた

作品なんですね。

 

ブックカフェ

 DAWARYでは、

早くからリサ・ラーソンの

特集を組んでいた、

 ELLE DECORも

たくさん読んでいただけます。

 

イベントも季節に合わせて

いろいろ行っていますので

ぜひ一度お越しください。

https://www.instagram.com/dawary_official/

Posts created 36

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top