立体最小限住宅

名古屋市緑区有松の弊社ギャラリー
でゴールデンウィークに行った個展
「平面立体空間」

こちらの言葉から
池辺陽さんの「立体最小限住宅」
を思い出しました。

戦後、住宅不足と資材不足で
15 坪の面積制限が課せられて
いた中で、1950 年に
建てられた立体最小限住宅

 

15 坪という狭小空間に
吹き抜けを上手に使って
立体的な拡がりを出しています

 

天井板を張らずに
梁や根太を露出させることで
空間に広がりを出していたり、

 

梁を 2 階の手摺壁で隠す事で
天井高を確保していたり、

狭い空間に驚く程多くの
アイデアが詰まっています。

 

 

池辺さんは女性の家事労働負担
の軽減もテーマにして設計して
いるので家事動線もコンパクト
になっています。

 

現代も資材不足、資材高騰
夫婦共働きで、
建築コストの軽減、
家事負担の軽減
は建築業界の重要なテーマです。

 SDGs の観点からも、
建築資材ロスを減らし、
うまくアップサイクル

していかないといけないですが

戦後のもののない時代の
アイデアというのは
参考になる部分が非常に
多いと感じました。

 

池辺さんをはじめ多くの先人が
15 坪の住宅に詰め込んだアイデア
を今後の建築に生かしていければ
と思います。

Posts created 36

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top