未来のミライ

細田守監督の2018年の
映画作品「未来のミライ」
観られましたでしょうか?

 

主人公のお父さんは、設計士で
自分の設計した家に住んでいます

 

設計士の建てた家ということで
かなり凝った間取りになって
いますが、実際、こちらの間取り
を設計したのも、谷尻誠さんの
SUPPOSE DESIGN OFFICE
ということで、設計士の設計した家
になっています。

 

https://www.athome.co.jp/
cinemadori/7088/から引用

 

こちらの間取り
自分は好きなのですが、

 

ネットでは、段差が多くて小さい
子供を育てる家としては不向き、

バリアフリーではない。

など批判的な意見もあるようでした

 

ただ、こちらのおうち
立地的にみてみると

傾斜地になっていて、周りのお家は
敷地の下に駐車場があって、

長い階段を上がってお庭を通って
玄関があるつくりになっていますが

 

こちらのお家は、敷地の下の
駐車場の横にすぐ玄関があり
しかも1階がオーバーハングして
駐車場に掛かっているので

雨の際、濡れずに玄関に入れます

 

https://www.athome.co.jp/
cinemadori/7088/から引用

 

階段も高い高低差を一気に
上るのではなく、スキップ式で、
何段階かで上がるように
なっていた方が、落ちた際の
リスクも少なくなるので
良いのではと思います。

 

コストも当初の敷地の高低差
をうまくつかって建てているので
隣の家のように地下車庫にして
擁壁を組むよりは、掛からない
のではと思います。

 

間取りだけ見ていると
見逃しがちですが、

もとの土地の形状から
現状の間取りを見てもらって

廻りの家と比較してもらえると

設計者の工夫がいろいろと

感じて頂けて、敷地条件を
もとにいろいろと考えていること
がお分かり頂けるのではと思います

 

多分そういう意図もあって
オープニングで過去の土地の
映像を流していると思うので
そう考えると映画の構成って
奥深いと思いました。

Posts created 36

Related Posts

Begin typing your search term above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top